原則

コミュニティについて

  • 1 . 私たちは会社を中心に、取引先・協力工場・近隣地域、そしてお客様も、ひとつのコミュニティとして関わりを持ち関係性を作っていかなくてはなりません。
  • 2 . 私たちはより良い関係を築くために、不正をせずに公正で誠実な仕事をします。
    また、コミュニティ全体にとって必要な情報をオープンにして、説明責任を果たさなければなりません。
  • 3 . 私たちはみな、それぞれの人がもっているかけがえのない価値を尊重しあうコミュニティを作っていかなくてはなりません。

製品、サービスについて

  • 4 . 私たちは製品の質の向上に挑戦し続け、履きやすくて歩きやすくて安心できる製品をお届けします。
  • 5 . どんなお客様も、世界にたった一人しかいない人間として尊重されなければなりません。
    お客様と私たちとの関係性は、人種や国籍、性別や生まれついた社会的な背景、宗教や信条、または何らかの障害を持っているかどうかによって左右されるものであってはなりません。
  • 6 . 私たちが製品をつくり、サービスを提供する時は、常に地球環境に配慮し不必要な悪影響を最小限に抑えなくてはなりません。

人と働き方について

  • 7 . 私たちは仕事をする時に、簡単にあきらめません。また、チャレンジすることもやめません。
    失敗を恐れて同じ場所に留まるのではなく、時にはじっくりと振り返りながら成果を求めて無駄を省かなければなりません。
  • 8 . 私たちは仕事をする時に、安易に他人のせいにしません。後ろ向きにならず責任を引き受け、ひとりで抱え込むのではなく仲間の力を頼らなければなりません。
  • 9 . 私たちは仕事をする時に、身だしなみに気を配ります。
    楽しく歩く人をふやすには、私たち自身が見られている存在であることを意識し、不潔で見苦しい印象を与えてはなりません。
  • 10. 私たちは仕事をする時に、情報共有することを重視します。忙しいから・めんどくさいからという理由で情報を閉じてしまうのではなく、 こまめに声を掛け合いながら誰もが必要な情報にアクセスできる環境をつくらなければなりません。