ブランド紹介

RegetA

「休足」の場所でありたい。
そんな想いが詰まった
コンフォートシューズです。

日本文化と現代の技術で実現

Re:getA...
「下駄(Geta) をもう一度(Re:)」

Re:getAは、2005年に大阪・生野区で生まれたコンフォートシューズブランドです。

ブランド名の由来にもなっていて、実は機能的な履き物である下駄を、硬いアスファルトを歩く現代人の足にフィットするように人間工学に基づいた技術とアイデアで再設計し、作り上げられたのが「Re:getA(リゲッタ)」なのです。

これまで、快適さを追求したコンフォートシューズというと、見るからに機能性重視で。 おしゃれさに欠けていて、足に優しい靴を履きたいけど、ちょっと人前には履いていけない…
おしゃれを取るか、履き心地を取るか、両方欲しいのにどちらかしか選べない…

Re:getA(リゲッタ)は履き心地を追求しながらも、ドイツ靴の機能性やイタリア靴の洗練されたデザインのエッセンスを取り入れ、オシャレで歩きやすい靴作りを目指しています。

履きやすさも、デザイン性も、両方兼ね備えた女性の味方、それがRe:getA(リゲッタ)なのです。

選ばれる6つの理由

01.

ルーペインソールで
足圧を分散

02.

快適な履き心地

03.

暖かみのある
デザイン

04.

理想的な歩き方
ローリング歩行

05.

正しい姿勢で
健康をサポート

06.

信頼の日本製

商品紹介

ルーペインソールで足圧を分散

  • クリーンスカイ

    抗菌防臭効果のあるクリーンスカイを使用。

  • 中足骨サポート

    足裏を持ち上げ、横アーチのスプリング力をサポート

  • アーチサポート

    土踏まずの隙間を埋め、足裏にかかる負担を分散

  • ルーペホール

    靴の中を窮屈にしない設計

  • ヒールカップ

    サイドからかかとを支えブレずに着地できます

▲足圧分布(裸足)

▲足圧分布(リゲッタ)

快適な履き心地

  • 横アーチと2本の縦アーチをサポート
  • かかとをやさしく包み込むヒールカップ
  • 広い面積で着地し、足にかかる負担を分散するラウンティングカット

暖かみのあるデザイン

歩きやすさを追求したコンフォートシューズですが、普段履くのが楽しくなるようデザインにもこだわっています。 イタリア靴の洗練されたデザイン要素を落とし込み、コロンとかわいらしい丸いフォルムが特徴です。

理想的な歩き方 ローリング歩行

スイスイ前へ進む、ローリング歩行

カカトから着地し、小指〜親指へ体重が移動していく正しく理想的な歩き方が「ローリング歩行」です。

理想の歩き方の秘密はアウトソールに

ローリングカット

テコの原理を応用し、つま先に少しの力を入れるだけでスイスイ進むことができます。

ラウンディングカット

広い面積でかかとからしなやかに着地できます。

こんなにしなやか、曲がりが良い!

正しい姿勢で健康をサポート

インソールが足裏全体にフィットすることで、足裏全体で体重を支え、正しい姿勢へと近づけます。 姿勢が良くなると多くの女性が悩む肩こりや骨盤のゆがみにも効果が期待できます。

また、リゲッタの特徴的な丸みのある足先は歩行時のけり出しをサポート。 地面のけり出し→着地が安定し、ひざ下の筋肉をしっかりと動かしながら歩くことで、血液の循環を促してくれます。

信頼の日本製

Re:getAの生産地は靴作りの街、大阪府生野区。 代表の高本は生まれ育った生野をリゲッタで活性化したいという想いで、靴作りの文化が存続できる生産体制を確立しました。 職人の決して手を抜かない熟練の技により、高い品質を保っています。