【公式】リゲッタ(Re:getA)オフィシャルウェブサイト | シューズミニッシュ

リゲッタちゃんねる

ミニッシュ広報部

ミニッシュ広報部

韓国から!日本へ短期留学中の大学生をご案内しました!

  • はてなブックマーク



アンニョハセヨ、広報部の中河です。
梅雨も明けいよいよ夏突入となるこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は日本から約1,000㎞離れた地、韓国から日本について学びに来て下さった経済学部の大学生の方々10名に、広報部真田が会社案内等を行った様子をお伝えします!



学生を早速弊社内3階の会議室(フューチャーセンター)へお通し。


↑企業サイトをTV画面にて説明していきました。



今回の企画を手配下さった呉(オウ)さん(写真右側、赤チェックシャツの方)。
実は昨年もこの企画を設けて下さっていたんです。
そこから、また是非今年の学生にも見せたいということで、縁を繋いで下さいました!
(ちなみに呉(オウ)さんはリゲッタカヌー愛用者!今回もサンダルを履いてくださっていました!)

↑リゲッタカヌーCJBF5171を履いている呉(オウ)さんの足元
3年程前から愛用中とのこと!


そして、韓国からの留学生という事で言葉の壁がありましたが、通訳として金(キム)さんという大学の研究員の方も同行!


真田の話す言葉をハングル語でメモしつつ、スラスラと訳す金(キム)さん(写真:右下ピンクのシャツの方)。
ちなみに4、5年日本語を勉強なさっているそう。
そんな御二方が通訳をして、まずは会社の説明。



企業サイト内で紹介しているスタッフページ、理念、今日のリゲッタが誕生するまでの歴史や会社名誕生の秘話等をご説明。

↑リゲッタシリーズの歴史をお伝えした時に使用した製品
左から下駄、初期リゲッタモデル、リゲッタカヌー、未来のゲタ

↑「未来のゲタ」にも興味深々の様子 学生の方々は話す内容をのメモを取ったり質問をしたりと、積極的に学んで下さいました!





会社を一通り説明した後は、本社内を説明。
どの場所でも興味深そうに話を聴いて下さいます!


↑3階商談室に飾っている、ワークショップ「デコレーションレッツ」や、2階ショールームにて、ワークショップ「レッツリゲッタカヌー」の材料に興味を持つ学生の方々



各部署を説明しつつ、時に一言スタッフからもらう場面も! 万国共通の笑顔で「ようこそ!」をお伝え!


↑上:通訳を介して話すEC事業部 加藤
下:挨拶するRinCチーム木村

↑過去取材頂いた記事を見ている様子


その後、生野区の履物製造がどんな風に行われているのか、実際に現場へ! この時まさかのバケツをひっくり返したような大雨に…。

↑製造現場「シューズ・スコッチ」へ到着した様子


学生の方々は履物の製造方法にも興味深々に、携帯で動画を撮影しつつ見学。



↑履物の製造過程「圧着」について見学  また、実際に圧着も体験(下写真)




次は、製造した商品をどのように出荷しているかの見学のため、 弊社の物流倉庫「ロジスティックスセンター」を案内。

↑使用している道具等の質問をしながら検品の様子を見学する学生達


検品見学の後は、品質管理部の真柴から、部として大切に取り組んでいる事についてをお伝え。
靴の品質期限等についても話をする中、学生から「先生が履いていてとてもリゲッタの商品は身近に感じています!」等、学生とやり取りもあり賑わいました!(先生有難うございます…!!)



↑真剣なまなざしの学生達


ロジスティックセンターの見学を終え、再び本社へ。
今度は本社2階にある、直営ECサイト「アルトリブロ」専用の検品・梱包・出荷場所を説明。



最後に3階の大部屋にて、この日周った生野区内の製造現場や出荷場を地図で説明し、生野の町の繋がりをお伝えしました!




梅雨の時期の日本滞在の中、雨にも負けず熱心に履物作りや弊社の仕事への思いを聞いて頂けました。 この留学体験を通じて、どこの国で働く事になっても、「楽しく歩く」ことを忘れずにいて下さると嬉しいなぁと思います。

後日談: なんと!リゲッタカヌー南船場店にも数名の学生様方が遊びに行って下さり、購入までして下さったそう!
足元で繋がるリゲッタシリーズ、世界へどんどんと羽ばたきますよ~~~!!

全体企画・構成・編集:
真田 貴仁

ライター・カメラマン・編集:
中河 有紀子

  • はてなブックマーク