【公式】リゲッタ(Re:getA)オフィシャルウェブサイト | シューズミニッシュ

リゲッタちゃんねる

ミニッシュ広報部

ミニッシュ広報部

塙阪貴司とリゲッタカヌーの美味しい関係

  • はてなブックマーク

 

支えてくれたのは「ごはんたべていきなさい」っていう

ちょっとした声がけかなって。

見てくれてるっていうのと一緒で。

自分がここにいてるっていう

存在が承認されてたんやなっていうのがあった。

忘れたくないかな。そういうのは。

 

 

今回は

塙阪はねさか貴司たかし

1975年に誕生。大阪府出身。2007年9月、アルバイトとしてシューズミニッシュに入社し、ネットショップ部門を担当。2012年の年末、常務取締役に抜擢される。現在は株リゲッタカヌー専務取締役として、在庫管理や受注処理、知的財産管理などを担当している。動物占いは寂しがり屋で一人ぼっちが大嫌いな「ひつじ」。

 

 

インタビュアー:リゲッタちゃんねる編集長真田 貴仁(以下:真)

シューズミニッシュご入社のきっかけは?

 

塙阪貴司(以下:塙)
きっかけは父親の自営業です。
父親と仕事をしてて、その仕事が忙しく無くなってしまったっていうのがあって。
父親の仕事しながら、色々アルバイトしながらっていう感じでかけもちしながら仕事をやってたんです。

その当時にネットが普及し始めた時代で、ヤフーショッピング、楽天市場も出だした時代で。
ネットにスポット当たってた時代だったんで僕もパソコンに興味があったのと、当時エクセルは全く出来ない人間だったんですけど勉強したいなあって。
そんな時に新聞のチラシを見てシューズミニッシュがアルバイト募集してたんです。

 

アルバイトの期間はどれくらいだったんですか?

 

アルバイトの期間は1年半ですね。

 

その頃の業務の担当は?

 

楽天市場、そういった自社サイトの受注処理ですね。
あとお客様対応。クレームも全部含めます。
メールからの問い合わせや電話で掛かってきた対応もやりました。

 

2008年の2月に正社員になられました。
塙阪専務から「社員になりたい」っていう立候補をされた?

 

そうですね。その時に凄いネットが右肩上がりで、凄かって。
アルバイトだったんで正社員とは違って会社にいてるだけで給料がついてしまう。
その頃、アルバイトでも20万以上はあったと思うんですよ。
それで正社員だったら、アルバイトでも一緒なんですが、大分昔の話だから言えますがタイムカード切ってからも仕事出来る、っていう考えもありました。

 

当時のスタッフの方と旧社屋前で撮影された集合写真を発見したのですが、塙阪専務や会長と奥さんもいらっしゃいます。

 

懐かしいですね。なんでこれを撮ったんかな?
取材とかに使うとか…。憶えてないんですよ。
写真の中に高本やすお現社長いないんですよ。誰が撮ってんやろ?
そんな当時は帰宅時間はどうでした?

 

遅くまでやってましたね。
なんか特殊で、社員が先帰って当時アルバイトの僕が残ってたっていうような環境でした。

その時に声かけてくれたのが、高本やすお現社長のお父さんである高本成雄前会長と現会長のお母さん。
当時の社屋は高本家でもあって2階に住んではったんで、「いつまでやってんの?」ってお父さんとお母さんが僕に言って、まあ「てへっ」て感じで。
で、ご飯食わさしてもらって。
ご飯食べてからまた下降りてちょっと頑張るって感じですね。
それプラス立ち上げから働いてらっしゃる中村さんもずっといてましたね。
見守ってくれてて。見守り隊みたいでした。

 

その頃のお気持ちとしたらいかがでした?

 

感謝の思いがありましたね。うん。

お守りみたいな感じじゃないですか。
終わるの待って、ちゃんと見てくれてる人がいて。
それは別になんか評価とかいうの関係無しにね。
やっぱずーっと1人でやってても心細いっていうのもありますし。
一生懸命してて、ひと声かけてもらったら、自分のなんか存在承認ていうかな?
まだ頑張ってんのが、そうやって認めてくれてるというか、認知してくれてるというのがちょっと嬉しかったです。

 

当時の頑張る指標の一つに、その見守り隊の方がいて、だから頑張れた事もあったんですかね?

 

そうですね。
逆にだからそこでケツ割ったらその人らが悲しむんじゃないかな、みたいな。
働く意欲のバロメーターみたいな部分も感じたりして、皆さんの為にも頑張ろう、と思いました。
大事ですね。その経験ていうか出来事というか、はい。
2010年の12月に塙阪専務のほうから当時の専務、高本やすお現社長に「営業になりたい」と転部を希望されています。
その時どんなお気持ちで進言なさったんですか?

 

えっと、入社してから結局WEBばっかりやってて。2009年にはWEB運営の店長になってるんですけど、お客様対応とかは他のスタッフがやっていてって言う中で、「自分は何やってんかな」っていう感じでしたね。

そういう自分の役割考えたときに、なんか…うーん、何もないわけではないんですけど、自分の為にも何か違うことやったほうがいいんじゃないかなって思いがありました。

 

新しいことにトライアルという気持ち?

 

なんか、ねえ。

もう他のスタッフが出荷とかしっかりやってくれてたんで、そんな言うほど僕がなんか噛んでても…関わっててもなんか…。
「やりがいって何かな?」って。

 

次の挑戦っていうのもあったんですか?

 

あったんじゃないですかね。
フロー図※で言えば退屈に入ってしまったかもしれないですね。
なんかチャレンジするために、抜け出すために。

※弊社で使用している図。現状行っている仕事を洗い出し、その仕事を夢中で取り組めるようになるにはどうすれば良いか考える作業。

2011年1月「やる気シャチホコのはねちゃんと、おかん、部下とのストーミングが起きる。」と伺いましたが、これは…?

 

これはですね…。僕が(高本やすお現社長の)お母さんとケンカしたというか…。

 

仕事の中のディスカッションから?

 

ではないですね。
ではなくて、僕が結局当時の部下に、仕事を無理にお願いしてた。

その当時は今みたいな(慮った)言い方もなかったと思うんです。
そういうので色々やいやい。
まあ僕も生意気な事言ってたんで、口の利き方もそうですし、態度も良い態度ではなかったんですけど、絶対に。
僕が100%悪かったので、僕から謝りには行きました
「生意気なこと言ってすみませんでした」って。
そんな事あられたんですね。
では話変わって翌2012年7月に、塙阪専務と高本やすお現社長がアメリカに行かれていますね。

 

仕事としてラスベガスで開催されるのマジックっていうファッションの展示会に出るために。
その時から海外が温まってきたんで、会社的にそろそろ出展がしたい時期だったと思うんです。

そしてこの時初めて海外に行きました。

僕がアメ車が好きになったのも、仕事の関係でアメリカへひとりで行ってた時もあったんですけど、向うでひとり乗り回してたんです。
その時が初めて左乗ったんちゃいますかね。右車線で左ハンドルで。
現地の方に交通のルール聞いたりして。
最初は横に乗ってもらったんですけど、慣れたらもうひとりで。
そっからアメ車いいなっていう。
なるほど。さて2012年の12月の忘年会で人事発表がありました。この時、シューズミニッシュの常務に昇格されています。事前に内示等はありましたか?

 

なかったですね。急やったと思うんすけどね。僕の記憶にちょっとそれないんです。

 

やっぱり営業に手を挙げられたり、そんな事もやっぱり買われての昇格じゃゃないかななんて僕思うんです。

 

それは多分おっきいとは思うんですけどね。

 

2013年に会社の軸を作るチーム(MMC)ができた時に、塙阪専務もメンバーに入ってらっしゃいますよね。
このチーム対しては、塙阪専務はどういう風にお考えですか?

 

入ってる人らが、部署のリーダーしか居てないじゃないですか。
ゆくゆくは新しい人や、色んな人が入って来てもらったら、凄く勉強になるのかなって。いろんなこと。

もしくはMMCの人らが次世代のリーダーとか、そういう下の人らに勉強会ひらくかなんかして伝えるのも1つかなとは思います。

でも参加すんのでも1日、創設当時は朝から午後4時までやったんですけど。
1日潰れてしまうんですよね。
じゃあなんでリーダーは参加できるかっていったら結局その委ねられる人がいる、任せられる人がいてるからなんですよ多分。だから参加できる。

なので膨れ上がってきたというか、良い感じで各部署のチームがなった時に、参加してもらってもいいのかなと思います。
その時間もないのであればMMCの僕らが伝える時間を作った方がいいのかなとか。っていうのはありますね。
2013年、他に?

 

2013年4月は、リゲッタカヌー南船場店がオープンしました。
こん時は、物件も一緒に見に行って探しました。
南船場や心斎橋周辺を日吉さんと一緒に何件か回りましたね。

 

最初から場所は心斎橋で開くという考えだったんですか?

 

そうです。
でも「ここエエなあ」っていうのは四ツ橋(心斎橋から西よりの筋)のほうにもあったんです。
そこにしようと思う時もあったんですが、そこが断られたんですよね。
違うとこが入ったか、僕らじゃダメってなったんかちょっと忘れたんですけど。

で、今の所になった。

 

最初の1号店が出来た時って、どんな思いでらっしゃいました?

 

店舗運営を経験してる人間がいなくて、心配でした。

販売は木村とか他何人かいてるんで、良かったんですけど。
運営するほうは経験者が誰もいなかったんで、本当に手探りやったんですね。
僕もそうだったんですけど、例えばどの時間帯にどのくらいの人が歩いてるとか、っていうリサーチもしてなかったですし、スーパー素人っていう感じでした。
リゲッタカヌーの皆さんが作って下さったリーフレットとかパンフレットを持ってきたんですが?

 

一番最初に作った2013年のものは憶えてますね。一緒に撮りに行ったんです。
これ大阪ですね。中崎町と、御堂筋なんかで撮影したんですよ。
淀屋橋の市役所前とかでも撮影したんですよ。
直営店オープン3か月後の2013年7月にリゲッタカヌー社の社員は現在の旧シューズミニッシュ社に移りますが、塙阪専務もそちらのほうに行ってらっしゃったんですか?

 

その頃の僕はシューズミニッシュ社と兼任みたいなかんじやったんです。
今言ったみたいに直営店の運営は本当に素人の集まりだったので、しっかり運営していかなあかんっていうのもあってミニッシュの事務所よりリゲッタカヌーの事務所方ばっかりに行ってましたね。

そしてその後2014年8月に僕は東京いってるんです。おおよそ1年位。
当時、吉祥寺パルコに出展していた店の運営も兼ねて行っていました。
なるほど。
話は変わりまして、2015年10月に会社として初めて行われた中期経営計画※で、リゲッタカヌーの常務から専務へ抜擢されます。

(※中期経営計画…弊社では関係者を招待し向う3年間の目標等を演劇形式等で紹介する。)

 

ラッキーなだけです。

やっぱり、見てくれてる人がおったっていう、そういう人がおったので頑張れた。
お金とかではなくて、その時になんか辛かった時に、ひと声かけてくれたというかなんか。
それが物凄い大きいんだなぁてやっぱり。
その人らからしたら、別になんとも思ってないかもしれないんですけど。
そういうのん、そうじゃないかなって。って思うんですよね。

誰かに見守って頂いていたというか。そういう方がいてくれただけでもちょっと心の中で。

 

当時の?

 

当時ではないんですけど、昔考えてた「なんでこの会社いてんのかな」って。
僕が去年書いてるんですけど。色々メモしてるんですよね。
支えてくれたのはちょっとした声がけかなって思ってます。
見てくれてるなっていうのと一緒で。
会長夫妻がきてくれて、声かけてくれて、「ご飯食べていきなさい」っていうのもそうだし、「あんまり根詰めてやったら駄目やで」って言うのもそうですし。
「ほどほどにがんばりや」みたいな声かけ?

 

そうそう。それをもって、ああ嬉しい、自分がここにいてるっていう存在が承認されてたんやなっていうのがあったんでね。

忘れたくないかなっていう。そういうのは。
中期経営計画はミニッシュ社とリゲッタカヌー社にしたら大イベントですよね。
次の3年はこうしますよっていう大事な所を劇で会社の意気込みを披露されました。
私はまだこの会社に来ておらず前職だったのですが、DVDを観た時「皆体張ってるな、伝えたいことがこの会社あるねんな」と思いました。

 

まあそうですね。準備や、なんか(色々なことを)決めんのも大変でしたね。劇という形でセリフも憶えなあかんし。うん。

その準備の時、外部の方から色々モノの考え方なんかを教えてもらって。
MMC入って中期経営計画立てる前からもそうなんですけど、その考え方を違う視点から考える。
なんかそういう思考を持たしてくれたんです。
色々まあ十人十色じゃなですけど皆意見が違うので、「それはやっぱ違うんじゃないかな」とか、そんな話し合いはあったと思いますね。

そして劇に関して、僕は体張るだけやったんです。
セリフはあったんですけどまあ、他のスタッフより多くなかったので。
風呂に浸かってぶつぶつぶつぶつ言ったりとかして覚えました。
ボイスレコーダーに録音して、ずっと耳に自分の声聞いたりとか。
ずーっと脳に刷り込ませてっていう。筋肉で覚える(笑)。
僕はそっちが大好きなんで。

 

第1回目は劇をやり、2回目の中期経営計画が2018年11月に控えています。
どんな意気込みですか?

 

失敗を恐れずにやるしかないかんかなあと(笑)。

もう…ねえ…。僕はもうやりたくないって思うんだったらやりたくないって言った方がいいんちゃうかなって。
ちゃんと意見として。その代わりこんなんどうでしょうかって言えるようだったらいいんじゃないかなって。
やりたくないからじゃあ何があるのって言われても出せないと思うんですけどね。
ところで、ちょっと色んなスタッフからの情報で、こんなんお好きと聞いたんですけど…(UMAの写真を見せつつ)。
あのあれっすか。未確認的な。
僕はあの、宇宙の方が大好きで。
ずーっとあれなんですよ、最近なんですけど、YouTubeでアインシュタインの特殊相対性理論をずーとみてたりとか、ほんまに宇宙はどうやってできてるんやろなあって自分で考えて。
多元とかそういう説があるので。
関係ないのに勉強してますね。まじで。

 

そもそも宇宙ってなんでできたんですか…?

 

そもそも理由が、ビックバンが起こったっていうけど、ビックバンが起こった理由もなんかあるでしょうってなってて。

そうそうそう、一番最初がなんで、地球って浮いてるの?って。
浮いてるんですか?宇宙からみて、浮いてるのか・・・。
ほんまにそういうのを考えるのが好きで。
僕ね、そんなんです。浮くんやったら浮く原理があるじゃないですか。
そしてロケットとか興味ないんですか?北海道で挑戦している事業とか。

 

あんなんめっちゃ興味あります。
頑張って!と思うんです。
こないだ残念やったけど落ちてきたじゃないですか。がんばれよおって。凄いことだしなあ。
あとなんか、じゃあブラックホールなんでできんねんて考えて調べたり。
へえそうなんやって。分からないんですけど。
ほんまに好きなんですよ。
だからUMA系統じゃなくって、宇宙人ではないですけど、火星に水があるっていうことは生き物や微生物いてるやろなあとかそっちを考えるのが大好き。
かなり嬉しそうですもんね (笑)。

 

そっち系大好きなんですよ。
うん。ほんまに好きなんですよ。
どうやって出来たのとか。宇宙の神秘というか科学の神秘というか。

一説によると、ぼくらの世界が3次元。縦横高さの3次元なんですけど。
そんな色んな次元が実はあって。っていうのがあって。
その中にじつは5次元、その外が。僕らのこれ、この地球というか宇宙が何個かあるらしいんですよね。
で、その外が5次元らしい。まだ僕そこまで理解が出来てないんですよね。
海外のその、YouTubeで説明しているのをずっと毎日夜になって眠る前にずーっとみてんすよ(笑)。
自分に落とし込みたいんですよね。

 

めっちゃ好きなんですね。キャプテンハーロック※とか宇宙戦艦ヤマト※とかはどうなんですか?
(※キャプテンハーロック・・・松本零士作・原作の漫画、アニメ作品などに登場する架空の人物。
※宇宙戦艦ヤマト・・・架空の宇宙船である「宇宙戦艦ヤマト」の乗員の活躍を描いた一連のサイエンス・フィクション作品。)

 

昔ちょっと観てましたね(笑)。
僕ね、天体望遠鏡もってたんですよ。
で、親に買ってもらって、月ばっかり見てたんですよ。
べつに宇宙兄弟じゃないんですけど(笑)。
ほんまに星は見えるんですけど、月ばっかり見てました。すげえなあって。
そんで、クレーターもみたり満月の時とか、小学校中学校のときベランダでみてましたね。すげえなあって。
なんで月って光ってんのかなって。ずーっと思ってて。光ってないんですけどね。太陽の反射で。

ちなみに隕石かな?何十個っていう凄い数が落ちてきて、大気圏かなんかで燃え尽きたりするらしいんですけど。
大昔隕石がぶつかって、恐竜が滅びたとか。
で、「次そういうのがきたらどうすんねん」っていうのがあるんです。それは多分核爆弾打っても無駄らしいんですよ。

 

もう妨げない?

 

全員滅んじゃう可能性が。
でもなんか「じゃあもう駄目じゃないの」と思ったときに、あれらしいですね。
太陽の光線あつめたら凄いらしいですね。反射させたら。
それを太陽の光をあつめて反射させてやったら、もしかして軌道が。
凄いじゃないですか発想が。
それをするために実験をしてるひとがいたり。
で、地球上でやって、やった瞬間にすぐ爆発してしまうくらい凄いらしい。
それ考えてたら寝れないです。

 

大切なことですよね、ハテナって思うことって。

 

僕は宇宙。コスモに興味が(笑)。
親に図鑑も買ってもらったんですよ。
僕たぶん甘やかされてたから欲しいってなって買ってくれて。
星がうわあすごいすごいってなって。
で、小学校の先生に自慢しに持ってった時に「これ見て下さい」って、「うわ塙阪すごいな。でも見せるだけじゃあアカンで」っていわれてズドンってきて(笑)。
「なんかこれを勉強に使いなさいやあ」って。
「たしかにっ」てゆうのもありましたけどね。大好きですね。
まさか宇宙がこんなに(笑) 

 

僕はあれですね。アメリカが月面に着陸したのかしてないのかも好きで(笑)。

僕はほんまに行ってんじゃないかなと。ていう派です。
でも年末の番組とかみたら色んな証拠が、旗が揺れてんのが、大気が無い状態で揺れてんのがおかしいとか。
この間公開されたのが、アポロ11号の交信履歴ですかね。音声かなんか。公開されたっていってたんかな…。

噂では月は地球を見張ってる。
でも、第4党?なんとかせつは、実は月は地球の一部であると。
隕石がぶつかってちったのが地球の欠片が回って月になったっていう話と、月の中に空間があって、そこになにかがいる。
うそかほんまかわからないですけど。とか。

いまなんか「はやぶさ2号」かな。日本のなんか探査機が確か行ってる。
ていうのもへえーって。
そこでもしかしたら人間の起源みたいなのもでてくるかなって。
なにかでてくるかもしれない。
僕の勝手な説なんですけど、文明って何回も滅びてるんじゃないかって。
滅んではまた再生して高度文明になってえらいことになってでまた何十万年なって復活しだして今があるんかなって思ってます。
それが火星なんかなとか。

 

塙阪さん、一番笑顔出てますよ(笑)。

 

宇宙の事をコミュニティを作って話したいんですよ。
「自分どう思う?」って。「なんで?その心は?」って。「あ、なるほどね。」って。
あくまでもYouTubeと自分の知識でしかないので。
今一番仕事以外で興味ある事って何ですか?

 

今ですか。僕あれなんですよね、結婚式とかで色んな人に趣味は仕事ですって言ってたんですけど、なんか最近違うなあて思ってきて。

10年ぶりに趣味を復活させたんですよ。一時やってたんですけど。

その趣味を復活させた理由ていうのが僕マリンスポーツをやってたときに怪我をして、6か月くらいリハビリ生活をしてたんですよ。大怪我を。足の骨を折ってしまって。

そんときに松葉杖をつきながらその趣味をやってて。それを復活させたんですよ。

 

へぇ~、それってなんなんですか?

 

ははは、それは内緒です!

 

なにがきっかけだったんですか?

 

それは最近「趣味が仕事?」ってなってきたのと、別に良い意味、悪い意味でなくて。
それでやりだしました。
でもやっぱ、凄いなって思います。筋肉はおぼえてんですよね。ちょっとしんどいんですけど。
頭と筋肉で覚えるのと一緒で。それはスポーツでもそうじゃないですか。
ずーッとやり続けるっていうのがあって、体で覚える。
もう量しかないんで。
一旦ぷちっと切ってしまったんですよね。
けどちょっとずつ今やってます。

 

なるほど。
話は変わりまして、最後の質問です。専務から見て今のMRスタッフの子らに声かけてあげるとしたら何かお言葉ありますか?

 

みんなにお声がけしようぜ、みたいな。それを当たり前にしたい。っていうか文化にしたい。

「おはようございます」も「こんばんは」も「お疲れ様です」もそうなんですけど、なんか存在承認じゃないかなって、やっぱ。
って思ったらお互いもっと思いやる気持ち?が大切、もっと持てる。
僕も人のこと言えないですけど。
やっぱ会社で仕事する以上はみんなで思いやりをもって、仕事しましょっていうのがなんか、言いたいかな。
やっていきましょうって。

 

まずその一歩がお声がけ?

 

お声がけかな。

また、頑張ってる子らに…。
なんか、うーん。なんやろうな。
夢を持ち続けろじゃないですけど、なんか志とか、その気持ちをずーーっと覚まさずに、熱として、持っと来なさいね。って。

あきらめんと、ずっと。
いきなり、なんかすごいことをしたいからそれに携わる仕事を探してもすぐには見つからないと思うから。
そのなかで情熱じゃないですけど気持ちは持っといて、いずれチャンスはくるというか、チャレンジする場所はあると思うので。
それまでは。僕昔よく言ってたんですけど、仕事は選ぶもんじゃない、仕事は合わすものやんって。
これをやりたいあれをやりたい選ぶんじゃなくて。

それは今は選んでええんじゃないのとか、時代がそうなってきたかもしれないんですけど。
そういう時も昔あったんですけど、なんか頑張ってる人に言うんやったらそう言うかなって。

後、続けることが大切って。
それは、いまのその熱を、テンションじゃなくてモチベーションとしてずーっと気持ちをもっとかないとだめよっていう。
持続さしとかなあかん、続けとかないといけないのというのといっしょで。
そうしたら絶対にチャンスは巡ってくるっていう。
ありがとうございました。
・・・それにしても、趣味ってなんなんでしょう(笑)

 

 

 

今回の取材で2人が履いている商品

塙阪着用モデル:CJBF5007

真田着用モデル:CJBF5174

 

全体企画・構成・インタビュアー:真田 貴仁

ライター・カメラマン:中河 有紀子

  • はてなブックマーク