リゲッタちゃんねる

ミニッシュ広報部

ミニッシュ広報部

2019年のワークショップはココが違う!「Let's RegettaCanoe」運営メンバーに聞いてみた!

  • はてなブックマーク

 

さて、本日は中期経営計画でも発表した
「会社の事を知ってもらい、“おもしろい”を持って帰ってもらう」プロジェクト
Let's RegettaCanoeの今期スケジュールが決まり、先日応募をスタートされた、じぶんだけのサンダルをつくるワークショップ『Let’sRegettaCanoe』(以下レッツ)運営メンバーの皆様に、広報部真田が、色々お伺いさせていただきました。







早速ですが、このワークショッププロジェクトのメンバーを教えて下さい。







福瀧くん、麻植ちゃん、姫廻(ひめぐり)くんと
あともう一人、今東京に出張してる、木下りッちゃんという女性メンバーがいます。
その他に実はもう一人、めっちゃコアなメンバーの向さんがいたんですけど、今月第一子がお生まれになられて産休に入られたんですよ。






休んでいらっしゃるメンバーの事も紹介されるって、暖かいメンバーですね( ^ - ^)
続いて福瀧さんにお伺いします。
普段、レッツでは、お客様も含めて“あだ名”呼び合うとお聞きしたんですが、皆さんの“あだ名”を教えていただけますか?










僕の隣が「ひよっさん」です。






(間髪入れず)姫廻(ひめぐり)さんは新メンバーなんです!
今年からの有力メンバーなんですよ!
だから、去年はまだデビューしてないんです。








なるほど~。
で、何て呼ばれてるんですか?






社内のテスト版レッツでは…何て呼ばれてましたっけ?(笑)






「グリさん」です。






今日は風邪なんですね(笑)。
では、今日の紅一点は?






「オエオエ」です。






福瀧さんは?






「ぶちょ」です。






では、今日は皆さんの事をニックネームでお呼びさせていただきたいと思います(笑)
紅一点の「オエオエ」に伺いますが、レッツの一日の流れを教えていただけますか?






スタートは朝10時です。
お客様にお集まりいただいた後、サイズ確認をし、着席頂きます。

そこから「ひよっさん」が先生として登場して、その横に司会の方もいるんですけど、お客さんに自己紹介をしてもらいつつ、私たちメンバーの紹介もします。

空気が和んできたら、紙芝居形式の座学コーナーがありまして、ウチの会社の事を知ってもらいながら、サンダルを作る工程についても織り交ぜつつ、ブランドロゴの由来であったりとか、色々説明させてもらいまして、一通り座学が終わったら、サンダル作りに入っていきます。

好きな生地を選んでもらって、製作の工程が始まるんですけど、そこからはメンバーが技術のサポートをしながら、お客様にサンダル作りを体験頂きます。 
ミシンだけは専門のスタッフがやらせていただきまして、そこからお昼休みに入ります。

午後からは協力工場さん(三つ葉さん)へ製造現場の見学に行きます。
みんなでお話ししながら徒歩で移動するんですよ♪

会社に戻って来てすぐ作業に入れるように、製造現場見学中に専門のスタッフ達が、糊塗りとかミシン等のアッパー仕上げを終わらせてるんで、会社に戻ってきたら、それをお客様の足に合わせながら、世界に1つだけのカヌーサンダルにしていくという形です。

ここまでが一通りの流れなんですけど、底圧着だけは後日になっちゃうんで、一度お預かりして、1~2週間後にデータなんですけどフォトアルバムも送らせて頂いてます。
これが『プレミアムコース』です。









なるほど~。
ありがとうございます。
では、「ひよっさん」に伺います。
今「オエオエ」がお話ししてくれたんですが、今年はどんなコースが追加されたんでしょうか?






去年までのコースは、朝10:00に来ていただいて、終わるのが16:00頃だったんです。
一日中拘束する事になっちゃうんで、時間のない方とか、一人でも多くのお客様に楽しんでもらいたいという想いも込めまして、簡易的な『ライトコース』を今年から設けようという事で、新たに予定しております。
ですので、今年は2コース準備しました。
『ライトコース』は、吊り込みをして、あとは圧着して、簡単に言うたら、“アッパーを選ぶ”のがメインになるコースです。
午前の部と午後の部の2部制を予定しているんですけど、大体2時間~2時間半ぐらいで終わる予定です。









120分~150分ぐらいでサンダル作りを体験できる!と。






『ライトコース』は、作る工程が無いんで16cmぐらいの小さい子供から参加していただけるようになってます。





『プレミアムコース』がレギュラーだとすると、22~28.5cmの方を対象に。
また、職場体験じゃないですけど、協力工場さんのところにリゲッタの製造現場見学に行けます。
『ライトコース』は小さい子にも気軽に体験頂けるように、時間をちょっと短縮して、職場体験が無い分、会社案内をさせていただきます!
そこで、社内にある靴製作機材の扱いに長けてる「グリさん」をスカウトしたんです!






そこで、「グリさん」は圧着だとか、いろいろな機材を使ってお客様に見せてくださる?







はい、そこを担ってくれる「グリさん」は今年大活躍間違いなしですね♪







では、「ぶちょ」にお伺いします。
去年のレッツはどんな感じやったか、教えていただいてもいいですか?







初めての開催という事で、「本当にお客さん集まるんかな? 」
「ちゃんと席埋まるんかな?」とか、募集の段階ではめっちゃ不安やったんです。
でも大体1ヶ月ぐらいで満席になって、嬉しい驚きはありました!
まぁ来てくださるお客様も、リゲッタの事を知ってくださってる方が多くて、すごくフレンドリーな感じのお客様が多かったです。
直営店で買ってくださった方、アルトリブロで買ってくださった方が来て下さり、300名弱の方々が体験に来てくれました。










「オエオエ」。
アンケートなんかも実施されたとの事で、実際どういうお声をいただけたんでしょう?







皆さんアンケートにすごい良い言葉を書いてくださってて、こんなに褒められていいのかと疑ってしまうほど、皆さん絶賛してくださって、私は「もっとネガティブな意見もあるかな~」って覚悟していたんですけど、アンケートを見ると「楽しんでいただけたんや」というのが伝わってくる内容で、逆に私たちが元気をもらえました!

あと、工場見学もすごく人気があったんで、協力してもらった工場の方にはアンケートをシェアさせてもらって喜びを分かち合いました♪。







福島や長野からの遠方からも来ていただけたんかな?







新潟からも来ていただいてましたよ!
自分たちが思う以上に会社の事を褒めてくださってたお声が多かったです。
「雰囲気がいい会社ですね」とか「楽しそう」とか
「働きたい」と言ってくださる方もいましたよ♪







小さい「オエオエ」ファンとかね!







私、子供と目線が近いんでしょうね(笑)
でも、後日お手紙をいただいた時はめっちゃ嬉しかったですね(*≧∀≦*)
「楽しかった♪」とか「大好き☆」とか書いてくれてました(照)










サイズの条件が合えばになりますが、親子で楽しんでもらえるのが一番いいですね!






なるほどですね。






そもそも「このプロジェクトを何でやんねん?」というテーマを決めるのにだいぶ時間かかったんですよ。

レッツは、サンダルを作っていただくワークショップではあるんですけど、リゲッタの製造現場を見て頂いたり、スタッフと触れ合ってもらったりとか、僕らの事を知ってもらうイベントでもあります。

メンバーと何度も話し合いを重ねながら、最終的に「会社の事を知ってもらって面白いを持って帰ってもらうプロジェクト」というテーマに決まったんですけど、そこからは楽でしたね。









以前に「ひよっさん」のインタビューをさせていただいた時に、「レッツリゲッタカヌー」のワークショップに対しての想いであったり、2019年も新しい事を考えてると言ってらっしゃったのですが、親子で一緒の物を作る体験をする事で、喜んでもらえるんじゃないかという事ですね?
サンダル作りを体験いただくという事なんですが、切ったり貼ったり叩いたりという工程で、怪我等をしないようなケアも考えていらっしゃるんでしょうか?






そうですね。
例えば金槌の持ち方であったり、危険の無いようにスタッフがレクチャーいたします。






『プレミアムコース』の対象年齢は小学生以上がイメージで、ご用意するサンダルのサイズレンジも22~28.5cmを設定してます。
『ライトコース』のサイズレンジは16~28.5cmを設定しています。
コチラは新メンバーを社内で準備してます。
今年は「ひよっさん」だけじゃなく、イケメンや美女等々色んな先生が登場する予定ですよ!






そうですね!
個性豊かなメンバーばかりなんで、色んな会社のメンバーを知ってもらいたいという想いはありますね!
ですので、去年と違う感じで想像してもらえれば有難いです。
『ライトコース』は開催の回数を増やしたかったという事もありますね!






去年までは最大で1日20数人しかご招待することができなかったんですが、ライトコースなら1日50名程のお客様に来ていただけます。
募集人員がいっぱいで、去年来れなかった方や、より沢山のお客様に体験していただきたくて作られたコースですね。








SNS“リゲッタちゃんねる”で、レッツに関する投稿を見てますと、去年参加されたお客様が「今年もいきまーす!」というコメントを下さっていて、そのお客様がその投稿をシェアしてくださっていたので、お礼の言葉をお送りしたんです。
すると、「今年は息子と親子で参加させていただきます!レッツを夏休みの自由研究にさせていただきますね!」と、嬉しいお返事をいただけたんですよ。

レッツから色々と広がっていってたり、1回だけじゃなくて、今年も、来年も毎年参加したい!
みたいな期待のお声がすごく多くて、嬉しいなぁーと思ってるんですよ (^ - ^)









では、「オエオエ」へ。
「ひよっさん」はレッツで、どんな事をご担当さなっているんでしょうか?







「ひよっさん」は、「先生」という役割で、 本当に重要なポジションです。
「先生」というのは、その日一日をマワす、吉本新喜劇でいうところの“座長”みたいな役割です。
お客様の前で製造の事は勿論、会社の事、スタッフの事をレクチャーしたり、司会進行なんかも行います。






僕、この中で一番知識ないんですけど(笑)






替えのきかないすごく重要な役割です。






会場の空気を和ますのも凍りつかせるのも座長次第っていう(笑)






大体凍らしてますけどね(笑)






ウチの座長はこう見えて以外と繊細な部分があるんで、その日の最初のトークで盛り上がったかとか、紙芝居が上手くいったかとかを毎回気にしてらっしゃいます(笑)






「ええ感じで終わったな」という回でも、一人でヘコんではったり(笑)






全然盛り上がってた日でも「スベった~」とか気にしてらっしゃってて、意識高いんですよ(笑)
でも、毎回毎回を真剣な気持ちでやってくれてるんやなって思ってます!
「ひよっさん」にとって、レッツの舞台は甲子園と同じなんです(笑)
メンバーは次の回もありますけど、お客様にとっては、1回限りという意味で。









では、「ぶちょ」はどんな役割なんですか?






「ぶちょ」は本番で“シャシャリ出る”感じというか~







“シャシャリ出る”!?






一同(爆笑)







言葉のチョイス間違えました(*≧∀≦*)
「ぶちょ」は影の座長なんです!
紙芝居だったりとか、データ的な事とか、机とか機材諸々も実は全て「ぶちょ」の手作りなんですよ!









へぇ~(^∇^)!!





2019年は、申し込みのシステムも新しくして、直営ECショップのアルトリブロから購入できるようにしたりとか、他にポスターとかリーフレットなんかも「ぶちょ」がメインでデザインなど進めてくれて、そういう意味で重要人物ですね。






「ぶちょ」がいなかったら、チケット1枚も売れてない事になるもんね?






いつもさりげなくやってくれる感じ。
「ぶちょ」はそういうキャラなんですよ!






キャラって…(笑)






なんか嫌な顔一つせず、影でササっと動いてくれるんですよ!
私達の想像している以上にいろんな事をやってくれてるんやろうなって思ってます。







「ぶちょ」はレッツ当日どういう事をしてくださっているんですか?






「ぶちょ」は進行のサポートです。
企画の技術も持ってるんで、糊塗りのデモンストレーションとか、私達と一緒に作業のサポートをやってくれてます!






紙芝居の時に、紙を抜くタイミングが良かったらウケるんですよ(笑)







今日は二人で息合うな~とか、「『ぶちょ』抜くタイミング遅いよ」とかあらはるんですか?






なんかミスってるなとか(笑)






アイコンタクトに気付かない時とか(笑)










では、先ほども教えてくださいましたが、新メンバーの「グリさん」はどういった担当を予定されてるんですか?







「グリさん」も靴作りの専門的なスキルを持ってらっしゃるので、糊塗りや縫製などの一通りをやっていただこうというお話をしていますね!
「グリさん」は、靴製作機材も扱えるので、『ライトコース』では会社にある機材使いながら、お客様に安全に見せる事ができるのが「グリさん」なんです。

後、余談なんですけど、TV出演も何度かご経験なさっているんで、その辺は慣れてらっしゃるかな?と。
「グリさん」って作業が丁寧で、安心してお任せできるというか、一番専門的な技術を持ってらっしゃるんです。
去年社内のリハーサルに参加していただいた時も、初めてとは思えない程の活躍ぶりだったんですよ!






そうそう。
「グリさん」はよく気が付くというか、『ライトコース』で裁断機を回ってから圧着機に行く工程があるんですけど、お客様に「さぁ次の工程にご案内しま~す」という時にはすでに次の場所でスタンバイしてるみたいな。







準備とかでも、私は大雑把ですぐ忘れちゃうんですけど、「グリさん」は色々細かいところまで見て下さっているので、本当に助かってます!







でも好きなバンドのライブがあったら定時ダッシュするんですけどね(笑)







その辺もある意味“味”というか“個性”ですよ(笑)







では「ぶちょ」にお伺いします。
「オエオエ」はどんなご担当でいらっしゃるんでしょうか。






「オエオエ」は企画部なんで、進行のサポートですね。
折り込みや糊塗り、ミシンの作業であったりとか、材料選びのアドバイスとかもやってくれてますね。







「ひよっさん」は「オエオエ」についてどんな印象を持ってらっしゃるんでしょう?






すごくチームを明るく照らしてくれるキャラクターというか、レッツの華ですよね(笑)
ビジュアルはもちろんそうなんですが、言葉のチョイスがもう(笑)






私、言葉足りてない芸人なんですよ(笑)






でも嫌味なワードのチョイスじゃなく、笑わせてくれて、ほっこりさせてくれる前向きなワードチョイスなんです!







「ぶちょ」。
今年はプレスリリースも打たれたり、色々と去年やっていない事に挑戦されていると思うんですが、どんなレッツにしたいですか?






もちろん去年と全く同じという風には考えていないんですが、 去年はお試しという意味もあり、価格設定もお試し価格やったんです。
その価格の差を埋めれるだけの内容にせなあかんなと思ってます。







では、「グリさん」。
お客様をお迎えするご経験は今回からだと思うんですが? 







そうですね。
怪我や事故の無いよう、楽しんでいただけるように準備したいと思ってます。







「オエオエ」改めて、どんな出会いを期待していますか?







リゲッタのファンであってもなくても、どんな人にも来て欲しいです!
一回来ていただいたら、何か持って帰ってもらえると思ってるので、もう世界中どこからでも来て欲しい♪

交通費は出ないんですけど(笑)

新たな出会いに感謝です!





(笑)。
最後になりますが、「ひよっさん」。
すでに予約は始まってるんですけど、どんなイメージを持ってらっしゃいますか?







去年はどちらかというと、リゲッタの事を知ってくださっているお客様が多かったんですけど、去年レッツを体験された方の口コミで「ほな行ってみよか」とか、別に愛用者でなくても「こんなワークショップがあるんや」とか、レッツがきっかけでリゲッタの商品を知ってもらえて、さらに会社も知ってもらえるように、輪が広がっていけばいいなと思ってます。









それでは以上です。
ありがとうございました。







有難うございました。



下記、『ライトコース』、『プレミアムコース』の日程です。
皆さん、我々の“おもしろい”を持って帰ってください!!

詳細はこちらからどうぞ!

 

 

 

おわり







    全体企画 / 構成 / インタビュアー / 編集
真田 貴仁
ニックネーム / さなっさん

 

    撮影 / ライター
松田 良平
ニックネーム / タイラー
  • はてなブックマーク